愛知県 蓮照寺の永代供養墓|一宮市・稲沢市・北名古屋市

永代供養墓「慈恩の塔」メイン画像

「家」にとらわれる事なく個人や夫婦で申し込める。供養を大切にする「永代供養墓」

昨今、少子化や核家族化といった社会の変化にともない、自分たちのお墓を守る人がいないという方が増えています。そのため立派なお墓があっても、 いずれ無縁墓となってしまうケースが少なくありません。これからお墓を建てるか否かで悩んでいる方も増えています。 従来のお墓は、将来にわたって家督相続していく「家制度」の前提に成り立っており、後継者のいない場合のことはあまり考えられていませんでした。
現代では跡継ぎのいない方が以前よりも増えつつあります。 そのような方が安心してお墓に入ることのできるよう建立されたお墓を永代供養墓といい、 蓮照寺住職が将来的にお墓守と供養をしていくものです。もちろんご家族、有縁の方のお墓参りもできます。

例えばこのような方にお申し込みいただいております。自分たちの供養で子供たちに負担をかけたくない。子供がいない又は娘だけのため、自分たちのお墓が心配。ひとりで入ることのできるお墓をさがしている。

「慈恩の塔」納骨料

合祀
(供養塔に最初に土へお返します)
1霊 20万円
※左記以外にかかる費用
◆墓誌刻印料(希望による)
  1霊 25000円
◆納骨時の読経供養料(布施)
  ここはお気持ちで・・・
個別納骨
(納骨堂内に一定期間 安置し供養します)
1霊 30万円より

永代供養の内容

納骨された仏様のご戒名・御命日を過去帳に記載。申込者の希望により、お骨を最初に土にお帰し(=合祀)するか、 お骨壺のまま納骨堂にて安置供養(=個別納骨)するかを選んで頂くことが可能。
毎年、春秋のお彼岸に墓前にて合同供養の法要をさせて頂きます。(法要にも参詣可。ご案内状をお送りします)