お悩み相談・お祓い

蓮照寺由緒

 天正12年(1584年)の開山創立。寺伝によれば、もともと岩倉にあり、 永禄元年(1558年)に織田信長の攻略により岩倉城が落城し敗軍側の山内盛豊(一豊の父)も戦死し城下は焼野原となった。 当時岩倉城下にあった蓮照寺・国照寺・妙栄寺(三ケ寺とも天台宗 賢林寺[現 小牧市藤島町]の末寺寺院であった)や町家の中には山内盛豊の従弟の浅井高政を頼って苅安賀城下に移り住んだ(これを岩倉越という)。 苅安賀城主より東端の地を与えられ、日蓮宗の苅安賀三ケ寺として同時期に開山。
天台宗から日蓮宗となった経緯は、この苅安賀三ケ寺の地にかつて山内一豊の菩提寺である要法寺(長禄2年(1458年)創建の日蓮宗寺院)があったことと少なからず関係するものと考えられている。要法寺は山内一豊の転封の折、天正13年(1585年)に尾張国 苅安賀より近江国長浜(現 滋賀県)、天正18年(1590年)に遠江国掛川(静岡県)に移り、慶長5年(1600年)に土佐(高知)に移転している。
 当山蓮照寺を苅安賀に移転再興し開山と仰ぐ正乘院日惠上人は京都本山妙顕寺第九世日芳の弟子である。
 平成26年7月をもって解体した旧本堂は第十二世 本譲院日現上人代の宝暦6年(1756年)に建立(当時の棟札が現存)。 鐘楼堂は第三十三世 唯精院日進上人代の昭和6年に建立。戦時中の金属供出令により梵鐘を国に供出させられたが、 戦後篤信の檀信徒の尽力により新たに梵鐘を鋳造し、第三十四世 宝龍院日温上人(現住職の祖父)代の昭和27年に今の形に戻り、 立教開宗七百年を記念し大法要を鐘楼にて厳修。 平成22年12月 永代供養墓・納骨堂建立。
平成28年10月 宗祖日蓮聖人御降誕八百年を記念し新本堂・客殿完成 落慶法要厳修。

ご本尊(本堂内)。日蓮聖人と釈迦如来・多宝如来を中心とする多宝塔の脇を四大菩薩が並ぶ。

鐘楼堂(毎年除夜の鐘を突きます)

寺院概要

法人名(山号 寺名) 宗教法人 光栄山 蓮照寺
住職 津島宝秀 (第三十七世)
開山創立 天正12年(1584年)
宗派 日蓮宗
所在地 〒491-0934 愛知県一宮市大和町苅安賀3290 » 地図はこちら
TEL / 住職携帯 TEL : 0586-45-5267  携帯:090-6134-0428
FAX FAX : 0586-46-6032

年間行事

平成28年日程 行事名 時間 備考
4月3日(日) 永代経会 午後1時半より 永代経過去帳にて供養。旧来は百人の僧侶でおつとめしたので百部経といいました。
昨年より4月第一日曜日に行っています。
8月11日(木) 盆施餓鬼会 午前 8時より お盆のお施餓鬼供養です。お盆にはご先祖様が帰ってこられますのでご家族で心をこめて供養しましょう。
11月13日(日) 御会式 午前10時半より 日蓮聖人の御命日に、日蓮宗伝統の団扇太鼓を皆さんでたたいて、お題目を唱える行を行っています。
12月31日(土) 除夜の鐘 午後11時45分より どなたでも参加できます。あたたかい飲み物もお出ししています。
毎月第1土曜 お経練習会 午後 4時より 初心者の方大歓迎です。申込不要、参加費無料です。

巡見街道と苅安賀

巡見街道とは、江戸時代に幕府が諸国の大名の監視と情勢調査のために派遣した巡見使が通った街道をさし、 この尾張近辺では、犬山から草井、瀬部、四ツ谷、苅安賀、萩原を経て津島に至る街道をさします。
 一宮市の大和町苅安賀(旧中島郡苅安賀村)は、巡見街道にある戦国時代に栄えた歴史ある町です。 織田家の拠点の苅安賀城(現・苅安賀自動車学校)を背景に、尾張地方でも代表的集落でした。
 江戸時代初期の文書によると当時の苅安賀村の家数は384戸、人口1541人に対し寺院数14。
 一方、一宮村は490戸、2935人に対し寺院数14。この人口に対する寺院の多さが苅安賀の古くからの繁栄と信仰厚い土地柄を感じます。
 蓮照寺と155号線を挟んだ向い側、「味淋屋」より南へ続く街道も妙興寺を通って名古屋へ向かう古往還でした(角を示す当時の石碑が今もあります)。 現在の尾西線 観音寺駅までの集落も苅安賀であり、お寺が今でも街道沿いに多くあります。
 苅安賀は一宮・浅井へ向かう巡見街道と、名古屋へ向かう古往還の交わるところで交通の要衝でした。 今は155号線や高速道路でかつての村は大きく分断された形になっていますが、これも車社会となった時代の流れでしょうか。 旧街道沿いにも新築の家が増えています。 しかし、わずかに格子戸のある家や白壁造りの土蔵が残っている家もみられ(県の重要文化財となった旧家もあります)、その面影を感じることができます。

旧街道に残る格子戸のある家 苅安賀城跡地に立つ石碑。苅安賀城は織田信長の重要な拠点の一つでした 旧街道沿いに残る土壁造りの蔵。 当山の旧街道筋に残る格子戸の旧家