住職のブログ

瓦ふせ下準備

上棟式が終わり、野地板が張られた本堂屋根が、その後防水シート、枠打ちの工程を経て瓦がふせられていきます。

まずは屋根をおおっていたブルーシートをはがし、野地板の状態から防水シートをはっていきます。赤紫色のシートが防水シートです。

 

 

 

おおむね防水シートがはられました

旧本堂は野地板の上にスギ皮と土葺きでしたが、今回の本堂は防水シートでやります。万が一瓦から雨漏りしても野地板まで漏れないようになっています。いやはや時代はすすみました。

 

本堂東側の屋根です。客殿との接続部分なので屋根が双方から重なり合っているところです。施工が今回一番難しい部分です。重い瓦をもって、普通に急な屋根面を歩いておられる瓦職人さん、すごいですねぇ。

 

 

 

足場の上から反対側をのぞむ。お寺のプレハブです。

 

 

 

正面目の前より。

 

 

 



同時並行して宮大工さんは中の仕事に移ってます。

加工用具も置いてあります。

 



リフトを使って、瓦を屋根に上げていきます。このリフトは解体の時もシャチ瓦、鬼瓦をおろすのに使ってました。